効果的な保湿戦術

規則正しい方法で洗顔して下準備できたら、次は保湿だ。もちもちなスキンを手に入れるためには、洗顔が終わったら一気にスキンにモイスチャーを届けることが大切です。

洗顔後は取り敢えずメーク水を通して、その後、乳液やクリーム、最後にビューティー液という順にお手入れをするお客は多いと思います。だが、こういう次第は大きな勘違いなのです。乳液やクリームは油分が多く塞がり、それらを先にくっつけるというスキンを油膜が囲うので、その後にビューティー液を付けても、せっかくのビューティー根源が浸透しがたくなってしまうのです。そのため、洗顔後の保湿は、メーク水、ビューティー液、乳液やクリームの順で擦り込みましょう。

まずは、ビューティー液を効果的に塗り付ける方策だ。入浴後は、毛孔が開いているので、このタイミングでビューティー液を数回に分けて塗り重ねると、よりビューティー根源が浸透します。また、洗顔先、面持ちに蒸しタオルを30秒ぐらい乗せるといった、スキンの毛孔が開いてビューティー根源が浸透し易くなります。

メーク水の付け方にもファクターがあります。メーク水はサッと塗り付けるだけ、という方も多いと思います。けれども、敢然とスキンに把握させるには、スキン全身にメーク水をなじませてから、両者の手のひらで押し込む「ハンド圧迫」すると良いのです。ハンドプレスすると、作戦の温かさにて普及アビリティーが直し、モイスチャーの蒸発も防げるのです。また、メーク水はたっぷりと3回は付けるといったより効果的です。

乳液は、手のひらに500円玉ぐらいとって、ひたい、頬、目の下にちょんちょんという付けます。手のひらに残る乳液は、指先で思い切りなじませて、面持ちの主軸から表層へ広げていきます。鼻やあごは皮脂の分泌が多いので、小気味よく手で押さえて暖めるようにして乳液を浸透させます。断じて激しくこすらないようにしましょう。ミュゼ鹿児島の口コミ大公開!脱毛効果が実感できる美容脱毛専門サロン